月の土地ドリーム!10億円以上購入の根拠(国際条約協定も解説)

アメリカ合衆国のデニスホープのルナエンバシーの

月の土地購入ビジネスが日本でも人気なのです!

しかも、販売総額が10億円以上で世界中で何百万人が買っているのです。

 

⇒月の土地はこちらからも

月の土地が買えるというドリームが人を動かす

宇宙というのは世界中どの国も欲しがっていることで

メディアでも話題なので、何らかの国際的な

取り決めがあると思っている人も多いのではないでしょうか。


国際連合の宇宙条約

ですが、国際連合の《宇宙条約》というものしか1967年時点では

存在していなかったのです。

この《宇宙条約》は、国による月の所有が出来ないというものだったので

個人や一般国民ならセーフと考えてルナエンバシーは

月の土地販売ビジネスをスタートさせたのです!


月協定

《宇宙条約》の後《月協定》が1984年に成立するのですが

今度の《月協定》は、国の月の所有だけでなく

個人や会社での所有も出来ないというものなのです。

これでルナエンバシーによる月の土地販売は終了と

思えるかもしれませんが、《月協定》を批准している

国家はあまりないのです。

絵に描いた餅になっているのが《月協定》の

実態と言えます。

なので、ルナエンバシーの月の土地販売ビジネスは続いているのです。


1エーカー1200坪ほど(東京ドームの11分の1くらい)が2700円

ルナエンバシーで販売されている月の土地は1エーカーが

なんと2700円という超格安でお買い得な価格なのです。

あの月の土地がこの値段なので自分用だけでなく

ギフトや贈り物やプレゼントにも選ばれたのです!

2人の元大統領やハリウッドの有名俳優も月の土地購入

すでにルナエンバシーの月の土地は、世界的な有名人たちからも

注文されているのです。

怪しいと感じていた人も安心して買えるでしょう!

 

⇒月の土地はこちらからも

人類の憧れの場所の月の土地ドリームを購入している認識が重要

《宇宙条約》と《月協定》で出来ないとされていないから

月の土地の販売と所有が可能という間接的な根拠で

ルナエンバシーの月の土地販売ビジネスが行われている

わけです。

実際に月に行けるようになったらどうなるか!?

今現在非常に宇宙開発が発展しているので

本当に気軽に一般人も月に訪れられる可能性が

出て来ているのです。

リアルに月に行けた場合、

ルナエンバシーの月の土地販売ビジネスと月の土地所有が

どう評価されていくかは未知数と言えるでしょう。

月の土地所有というドリーム感覚が大事

これから月の土地を注文しようと考えているなら

ドリーム感覚を忘れないようにするのをおすすめします!

 

⇒月の土地はこちらからも

月の土地がアメリカ合衆国法案で固定資産税の課税対象となるかも!?

UNNEWSというところで「話題性の高さと多額の税収入を見込 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

minamotomasakazu

富と資本と経済について深く学んでいます。私の考え方の記事や商品案内を見て、そうだなと思ったらあなたも私の読者と言えます。 月の土地関連の商品が満載です。 まずはどの記事かを読んでみて、今後も私のブログを見るべきかどうかを判断すると良いでしょう。

-月の土地ビジネスの合法性

error: Content is protected !!

© 2021 月の土地購入注文・口コミ値段価格・ギフトプレゼント・権利書不動産 Powered by AFFINGER5